有名な投資家まとめ

有名な投資家まとめ

有名投資家まとめ-カール・アイカーン

   

株式投資には、その企業の成長性、将来性や資産といった企業価値を分析して投資するファンダメンタルズ分析と、市場での株の売買の流れを予想して投資するテクニカル分析の2つの手法がありますが、カール・アイカーン氏はそのどちらにも優れていると言えます。

カール・アイカーン氏といえば、一般には「もの言う投資家」という評価がされています。これは、彼が、投資した会社に対してその経営にいろいろと注文をつけるからです。これは、カール・アイカーン氏が企業価値を高めることで株価が上がり、それによって利益を得ようするファンダメンタルズの考えを基本にする投資家であることを表しています。カール・アイカーン氏の投資先企業への意見は目先の利益のためというよりもその企業の生産性をどのように上げるのかといった経営戦略に関するものが多く、会社を成長させることに非常に積極的です。カール・アイカーン氏の場合は、株を売買する投資家というよりも会社を経営する資本家という形容のほうが似合うのではないかと思うくらいです。

しかし、彼が凄いのは、ファンダメンタルズ一本やりではないということです。有名なエピソードはいくつもありますが、東日本大震災の直前に一旦、手じまいし損失を回避したというのがあります。これなどは神がかり的な話ですが、最近でも、株価は人為的に高くなり過ぎているとして、長年保有していたApple株を全部売却するなどしており、決して株式市場の動きを軽視するような事はしない事を示しました。

また、空売りにも積極的で、急落前に空売りを仕掛けて、しばしば利益を上げています。リスクを取って新しい事にチャレンジする会社が好きで、企業価値を高めることに大変興味を示しながらも、市場の動きも決して見逃さない、そんな両刀使いがカール・アイカーン氏の真骨頂なのです。

 - 有名投資家