有名な投資家まとめ

有名な投資家まとめ

有名投資家まとめ-ベンジャミン・グレアム

      2016/06/30

日本では現政権が発足して以降、日本銀行と共にデフレ脱却を掲げて様々な政策を講じてきました。その結果、7000円台まで落ち込んだ株式市場を一時は20000円台にまで回復させました。しかしその間も一辺倒に相場が上昇したわけではなく、株価は上昇と下降を繰り返しています。こうした相場の流れをいかに判断できるかが優秀な投資家になれるかの鍵になります。

投資をする際に有名投資家の投資手法や哲学を参考にする人は多いはずです。その中でもベンジャミン・グレアムの投資手法はどの時代においても通用する手法と言えます。また彼の弟子には米国でも著名な億万投資家がおり、実際にグレアム氏の投資手法と哲学を踏襲しつつ独自の投資法を生み出しています。このことからもグレアム氏の手法は一読に値します。

グレアム氏は1929年の株価大暴落と世界恐慌で経済的窮地に陥ったことを受け、投資手法の研究を始めました。その結果、相場の一時的な流れに左右されない、企業の財務諸表を分析した投資手法を生み出しました。中でも実際の実力よりも株価が過小評価されている企業の株式に注目する、いわゆるバリュー投資を取り入れ成功を収めました。この手法は現在でも非常に有効で、「安値で買って高値で売る」という株式取引の大原則を理論的に裏付けるものとなっています。

市場が混乱したり歓喜に沸いている時は、株価のベクトルは過度に1つの方向に偏る傾向にあります。そこで自分が保有する株式について、どの時点・価格で売買するかを冷静に見極めることが出来る人だけが市場に残ることが出来ます。周りの声や雰囲気に惑わされず、確固たる投資哲学を打ち立てて取引をする人が、最終的には優秀な投資家となることが出来ます。

 - 有名投資家